富士フイルム

X-Pro2でフィルムシミュレーション「ETERNA」を使う方法を考える

今なら4か月間99円で音楽聴き放題!

X-Pro2やX-T2などフィルムシミュレーション「ETERNA(エテルナ)」が搭載されていない機種でRAW現像をしてエテルナを使ってみようという記事です。

実際にエテルナを使う方法とjpeg撮って出しとの写真の色の違いについてまとめました。

どうしてもエテルナを使ってみたいと思っている方の参考になれば幸いです。

X-Pro2は撮って出しでエテルナは使えない

X-Pro2ではjpeg撮って出しでフィルムシミュレーション「ETERNA(エテルナ)」を使用することができません(2019年3月現在)

エテルナが初めて搭載されたX-H1から1年近く経過した現在、ファームウェアアップデートで追加されないということはエテルナについては諦めた方が良いでしょう。

ほぼしゅ~
きっとX-Pro3の開発で忙しいんだ…そう思いたい

Twitterで仲良くさせて頂いているmottuさんが同じく軟調のPRO Neg.StdをカスタマイズしてETERNAに近づけていてイイ線いってると思いますが、完全に再現するのは難しそうです。

エテルナ(に限りなく近い何か)を使うにはRAW現像しかない

jpeg撮って出しでエテルナが使えないならRAWで撮った写真を専用ソフトでフィルムシミュレーションを適応させて現像するしかない、というのが現状です。

RAW現像とは

RAWという情報量が多く、JPEGになる前の写真のデータを保存して専用ソフトで編集(現像)すること。富士フイルムだと画質設定→画質モードでRAWで撮影することができます。

富士フイルム以外で現像したエテルナの写真が本当にエテルナなのか?と訊かれたら何とも言えませんが、個人的には「限りなくエテルナに近い何か」と言っていいのではないでしょうか。

ほぼしゅ~
撮って出し至上主義の方はエテルナ搭載機種を買いましょう!後述しますが現像した写真と撮って出しを見せられてパッと違いが分かるレベルではないかな~と

富士フイルムで推奨されている現像ソフトから考える

富士フイルム公式でフィルムシミュレーションに対応している現像ソフトは

  1. FUJIFILM X RAW STUDIO
  2. RAW FILE CONVERTER EX  powered by SILKYPIX
  3. Adobe Lightroom
  4. Capture One Express Fujifilm

の4つ。

ほぼしゅ~
他にも無料で使えるRawTherapeeなどを使っている方を見かけますが今回は除外

富士フイルム公式サイトで載っていることは富士フイルムが開発していないソフトでも(多少なりとも)協力関係にあることは想像できるので、全く見当違いの現像になることは少ないはず。

はたしてエテルナは使えるのか?

純正だからね…

X RAW STUDIOは純正なので期待してなかってですがもちろんエテルナは使えません。

 

※写真はX-H1のRAWデータ

RAW FILE CONVERTER EX  powered by SILKYPIXについてもエテルナは項目に入ってないのでやはり無理。

※写真はX-H1のRAWデータ

Lightroomに関してもエテルナは出てきません。

ここでは詳細は省きますがRAWのEXIF情報をX-H1に変更することでエテルナを使えることが可能なようです。

が、後々の写真の管理を考えるとおすすめ出来ませんし、私はやってないです。

Lightroomなら有志の方が無料でエテルナに似せたプリセットも公開されているのでそちらを使わせて貰うのも1つの手かと。

Capture Oneならそのままエテルナが使える!

※写真はX-H1のRAWデータだけど出てきます

最後にCapture One。

Capture OneならX-Pro2のRAWデータを取込んでもそのままエテルナのフィルムシミュレーションを適応できます!

ほぼしゅ~
なぜCapture OneだけOKなのか…それは神(富士フイルム)のみぞ知る…

実際にjpeg撮って出しと比較してみた

実際にjpeg撮って出しと各現像ソフトでエテルナを当てた写真を比較してみましょう。

比較するに当たってjpegはX-T3でパラメータ(ハイライトやカラーなど)を0のままの状態、各現像ソフトも撮影時の設定を反映しただけで現像しました。

ほぼしゅ~
今回ははるかめらはるかさんから画像を提供してもらいました!ありがとうございます!

撮って出しとLightroomの比較

撮って出しとCapture Oneとの比較

撮って出しとSILKYPIXとの比較

ほぼしゅ~
なぜかSILKYPIXだけ現像するとクロップされてる…?

比較して感じた個人的な感想について

他にも提供していただいた画像を比べてみると、CaptureOneが一番撮って出しに近いかな。

LightroomやSILKYPIXも撮って出しに限りなく近いですが、例えば今回載せた2枚目の花の写真などを見るとLightroomとSILKYPIXではハイライト部分の色味(特に黄色)が濃いめに出ているのが分かるでしょうか。

ほぼしゅ~
とはいえ殆ど気にならないレベルです

ほぼしゅふ的まとめ

CaptureOneを使ってRAW現像をするとエテルナを使うことが可能で、かなり再現性があると言っていいんじゃないかと。

X-Pro2(エテルナ未搭載の機種を使っている)ユーザーは是非試してみて下さいね。

それでは良いカメラライフを!

X-Pro2の関連記事



-富士フイルム
-

Copyright© ほぼしゅふブログ , 2019 All Rights Reserved.