富士フイルム

富士フイルムX-Pro2は感性を刺激する、スペックに縛られないカメラ

富士フイルムXシリーズのフラッグシップの一角を担うX-Pro2。

私はこのX-Pro2を使って人生変わったと言っても言い過ぎではないかもしれません。

この記事では実際に使っていて良い所も気になる部分も余すことなく書きました。

使う楽しさに溢れたカメラで、1度気に入ってしまったら是非とも手に入れて欲しいカメラです。

X-Pro2について

X-Pro2 
有効画素数約2,430万画素
SDカードUHS-Ⅱ対応のデュアルスロット
ISO感度ISO100~51200
露出補正-5.0EV~+5.0EV
シャッタースピード60分~1/32000秒
連写最高約1/8コマ
大きさ(幅)140.5mm×(高さ)82.8mm×(奥行き)45.9mm
重さ約495g
その他防塵・防滴・耐低温仕様 4K動画

X-Pro2の主要スペックを並べてみましたが忘れてください

記事のタイトルでもありますが、極論を言うとX-Pro2はスペックを見て買うカメラではありません

発売から3年弱経過したこともあって、現在の富士のラインナップの中で最高のスペックという訳ではありませんので、他のカメラとスペックだけで比較しまうとX-Pro2に辿り着くことは難しいでしょう。

X-Pro2、なんかいいな

と思った人が買うことになるカメラです。

逆に価格や機能だけで選んでも幸せにはなれないカメラかも知れませんね。

X-Pro2を買うべきメリット

X-Pro2はとにかくイケメン

レンジファインダー型のX–Pro2はとにかくカッコいい、この一言に尽きます。

個人的には単焦点レンズと組み合わせた時の見た目が最高。

360度どの角度から見てもイケメンなフォルム、軍艦部の半ツヤ塗装、もうこれは工芸品。写真が撮れる工芸品です。

見てよし、被写体として撮ってもよし、もうそれだけでX-Pro2を買う価値があるんじゃないかな。

ほぼしゅ~
眺めているだけで幸せなカメラ、それがX-Pro2

ファインダーを覗きながら写真が完結する

「VIEW MODE」ボタンを除けばすべてのボタンやダイアルがファインダーを覗いたまま右手で操作することが可能で、シャッターチャンスを逃しません。

ほぼしゅ~
これはカメラ背面の左側にもボタンがある一眼レフ型のX-T3やX-H1では難しいんです

慣れればシャッタースピード、ISO感度、絞り(レンズでもボディでも可能)のダイアルをファインダーを見ながら変えられるのはかなり便利。

何故、このボタンがこの場所に配置されているのか、デザイナーの意図が伝わってくるカメラってなかなか無いのではないでしょうか。

チルト液晶が付いてないことを指摘する方もいますが、これもデザインを考えるとチルト液晶が付いていないことについても納得できますし、私はX–Pro2には必要ないと考えます。

OVFとEVFを切り替え出来るという楽しさ

ミラーレス一眼と呼ばれるカメラのファインダーにはほぼすべてはEVFと言われる電子ファインダーが搭載されていますが、X–Pro2にはアドバンスドハイブリッドマルチビューファインダー(覚えられない)が搭載。

これは、

  • 電子ファインダー(EVF)
  • 光学ファインダー(OVF)
  • エレクトロニックレンジファインダー(ERF)

という3種類のファインダーが切り替えられるシステムになります。

特にエレクトリックレンジファインダーは光学ファインダーの中に拡大表示した電子ファインダーを表示することが可能。

光学ファインダーではマニュアルフォーカスのピント合わせが難しいという弱点を克服したといっても良いかも知れません。

参考X-Pro2のファインダーについてー富士フイルム公式

普段は仕上がりが分かるEVFでの撮影が殆どですが、「OVFで背面の液晶もOFF」にして撮影して、帰って来てから撮った写真を見て楽しむフィルムカメラのようなスタイルも楽しいですよ。

ちなみにOVFは

  • 望遠レンズではフレームが小さくて見えづらい
  • XF16-55mmF2.8 R LM WRのような長いレンズだとフレームに割り込んでくる(ケラレ)
  • 広角レンズでは画角の全てが写り切らないパララックス(視差)が生じる

ので、どんな場面でも使える訳ではない事は購入する前に注意しておきましょう。

ほぼしゅ~
OVFはスナップ向きかな

LCD液晶のキレイさ

X–Pro2は背面の液晶も162万ドットと、Xシリーズのどの機種よりもキレイです(2018年現在)

これの何が良いかというと、

写真を撮る

撮れた写真が画面上でキレイに見えてテンション上がる

もっと写真が撮りたくなる

という良いスパイラルが出来上がります。

私もX–T2からX–Pro2に変えてから写真が上手くなった気がしてますが(ホントに気がするだけですが)この効果が大きいと感じます。

シャッター音の気持ちよさ

最高。

シャッター音が良くても撮った写真には1ミリも関係ない、そう思っていた時が私にもありました

しかしX–Pro2のシャッター音は心地よい音でもっと写真が撮りたい気にさせてくれます。

シャッター音が気持ち良い

たくさん撮るので良い写真が生まれやすくなる

と、こちらも良い循環が生まれます。

ほぼしゅ~
撮った後の写真管理が大変だから無駄にシャッター切りたくないんだけど撮っちゃう…

私の中では背面の液晶と同じくらい重要な要素になっています。

暗所での高感度撮影にも十分使える

富士フイルムのノイズは自然であまり不快に感じないと思っていますが、こだわる人はISO3200くらいまでかな、という印象です。

ほぼしゅ~
私はISOをAUTOにしている時には6400までは上げて良い設定にしてます

フィルムシミュレーションのACROSなどを使う時にはむしろ高感度のノイズが味になるので12800でも積極的に使っても良いかと思ってます。

まとめ:写真を撮るのが楽しくなるカメラ

以下で気になる部分も書いていますがX-Pro2は完全なカメラではないです。

その代わり持ち出すのが楽しくなるカメラで、ファインダーを覗いてシャッターを切りたくなって、撮っていて楽しい。

そんなカメラってなかなか無いんじゃないかな。

X-Pro2を使うと気になる部分について

バッテリーの持ちが良くない&USB充電できない

USBポートはあるのに…

他のXシリーズもそうですが、バッテリーの持ちが悪いです。

特にX–Pro2は最近の機種では標準の『USB充電』が出来ないので純正のバッテリーを最初から2つは付けて欲しいくらい。

ほぼしゅ~
純正バッテリー高いので写真撮るだけならサードパーティ製でも良いんじゃないかと思ってる
【日本規制検査済み】【輸入元ロワジャパンPSEマーク付】 FUJIFILM 富士フィルム FinePix HS50EXR X-A1 X-E2 X-M1 X-Pro1 X-T1 X-T3 X-Pro2 X-H1 X-T100 の NP-W126 NP-W126S 互換 バッテリー【増量】【純正充電器対応】【2個セット】
ロワジャパン

出先で予備バッテリーを忘れて何度カメラが置物になったことか…。

これは後継機のX–Pro3が出る時には改善して欲しいですし、改善するでしょう。

性能や機能性はX-T3やX-H1の方が上

 

X–T3やX–H1にはあるけど、X–Pro2には付いてないという機能が多いです。

例えばフィルムシミュレーションのエテルナをはじめ、フォーカスブラケット動画のF–LOG撮影など。

ほぼしゅ~
エテルナはRAW現像ソフトを使えば再現することは可能です

オートフォーカスがX-T3より遅くなってしまうのはセンサーの世代が違うので仕方ないにしても、X–Pro2で全ての機能が完結していない事がもどかしい…。

X–Proシリーズは写真を撮る為のカメラと言われればそれまでですが、フラッグシップなら機能性の違いでカメラを追加で買わないで済むようにしてくれたら嬉しいというのが本音です。

ほぼしゅ~
要約すると、X–T3もX–H1も欲しい

手振れ補正が欲しくなる

これも隣の芝生(X–H1)をみると欲しくなりますが、X–Pro3になっても搭載されない気がするので無くても良いかな…と思うようにしてます。

いや、付けてくれるなら泣いて喜びますけどね。

付かないだろうな…。

X-Pro2を使っているとライカが気になってくる

欲しい…

1番気になるのがコレです。

X–Pro2を購入すると今度はレンジファインダーの原点にして頂点であるM型ライカを始めとしたライカ製品が気になり始めます。

なぜ、富士フイルムのカメラを買ったのにライカのカメラを気にしないといけないのか。笑

ほぼしゅ~
富士フイルム純正でライカのMマウントが使えるアダプターを販売してたりするし、もうなんなの!?

私が知っているだけでもX–Pro2の購入を経て、フィルムやデジタルのライカを購入している方を見かけます。

富士フイルムのカメラ買ったのにライカが気になる、って健全ではないので(特に経済面で)ちょっとやめて欲しいかなって思いますね、誰に言ってるんだって話ですが。

ほぼしゅ~
ここに追記でライカ買いましたって書かない事を祈りたい

私がX-Pro2と一緒に使ってるレンズについて

子どもやスナップを撮るのがメインなので広角~中望遠のレンズをメインに使用しています。

XF18mm F2 R

 

とにかく軽くてコンパクトなので、気軽に持ち出したい時や子どもと一緒にその「場所」や「雰囲気」まで写したいたい時に重宝しています。

広角スナップとしても癖のない画角なので使いやすいですね。

▼XF18mm F2 R の他の作例やレビュー▼

XF56mm F1.2 R

フルサイズ換算85mmのこのレンズは正にポートレートレンズ。

あまり被写体に寄れるレンズではありませんが、F1.2と明るいので背景ボケも楽しめます。

 

また望遠という画角は切り取るスナップを使うには最適。

写真をシンプルにまとめたい時に重宝してます。

個人的には中望遠があればそれで良かったり。

▼XF56mm F1.2 Rの他の作例レビュー▼

XF16-5mm F2.8 R LM OIS WR

富士フイルムのハイクオリティなズームレンズ。

単焦点レンズと遜色ない写りで広角から中望遠までカバーするのでこれ一本で上がりでも問題なしな一本。

 

ただX-Pro2で使うにはカメラのグリップ力がないので少し重く感じるのが玉に瑕。

それでも手放さないのは他のレンズでは両立出来ない「写り」と「使い勝手の良さ」ゆえでしょうか。

▼XF16-55mm F2.8 R LM OIS WRの作例とレビュー▼

NOKTON Classic 40mm F1.4 S.C

コシナが製造しているライカMマウント用レンズ。

とにかく渋い色味とフィルムシミュレーションのクラシッククロームとの相性が抜群。

開放でのソフトな写りと絞った時のシャープな写りの2面性が良い意味で今っぽくないレンズです。

絞り開放ならピント面が薄くてシビアですが、外しても味になるなと気楽に思えるので気に入ってます。

▼NOKTON Classic 40mm F1.4 のファーストインプレッションを書いた記事▼

Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF.2

同じくコシナで販売していたマクロプラナーの50mm、今ではMilvusの名称で販売されています。

富士フイルムで使うには絞り操作が必須なので私が持っているのはニコンFマウント用。

とにかく解像感と立体感が圧巻で、これがツァイスか…となること請け合い。

▼Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZF.2のファーストインプレッションの記事▼

X-Pro2を買いたいと思っている方へ

X-Pro2を買うべき人

  • X-Pro2の見た目が気に入った人
  • カメラの質感にこだわる人
  • カメラに完璧を求めない人

もしX-Pro2が気に入って頭の中から離れられないなら、買ってしまう事をオススメします。それだけの価値がこのカメラにはあります

他の機種とX-Pro2、どちらを買うか悩んでいる人もX-Pro2を買いましょう

私の様に違う機種を買ったとしても、やっぱり気になってX-Pro2を買うという遠回りをすることになりますよ?

X-Pro2がちょっと大きくて重いな、と思ったら

X–Pro2を始めて持った時にもしかしたら意外と大きくて重いな、と思う方が居るかも知れません。

しかしこれは気にしない方が良いです。

私も最初そう思っていましたが大きさや重さって慣れるもの。

むしろちょっと大きくて重い方が手振れしなくて丁度良いんじゃないか?

と、メリットに感じてるのが今の私です。

自分の直感を信じて、それに素直に従うことをオススメします。

X-Pro3を待つべきなのか

人生は短い。

いつ発売するか分からない後継機を待つのはX–Proシリーズに限っては得策ではありません。

機能や性能が変わっても写真を撮る楽しさは変わらないはずなので1日でも早く購入した方が幸せになれるでしょう。

ほぼしゅ~
しかも最近はかなり安くなってきましたよ

追記:X-Pro3が発表されました。X-Pro2とは見た目が同じでもかなり違いが見られますので購入する前に確認してみた方が良いでしょう。

ほぼしゅふ的まとめ

ウチにX-Pro2グラファイトがやってきたのが2018年2月23日。

ちょうど10か月と切りも良いのでレビューしてみました。

少しでもX-Pro2が気になった方はぜひ1度は触って、ファインダーを覗いて撮ってみてください。

絶対欲しくなるから。

ちなみに私の使っているX-Pro2はグラファイトエディションという国内限定1000台のもので新品を探すのは厳しいかも。

中古も値上がり傾向なので買うなら早い方が良いですよ!

 

X-Pro2の関連記事



-富士フイルム
-

Copyright© ほぼしゅふブログ , 2019 All Rights Reserved.