富士フイルム

X70、ありがとう、思い出に残るカメラでした。

X70を手放しました。

約1年ほど使用していた間に、家族との数々の思い出を残してくれた愛機。

買ったことに後悔はありませんし、この先もきっと忘れられないカメラだろうなぁ。

撮った写真を見返すと9割は家族の写真…、数少ない載せられる写真と共に振り返っていきます。

とにかくX70を持ち出して写真を撮った

購入当時にメインで使っていたX-T2よりも軽くて小さいこともあり、無理やりポケットに入れて出掛けしたり。

突然のシャッターチャンスを狙うのがX70の使命でした。

ほぼしゅ~
子供と出かけるときにはミラーレスって重くてかさばる時も多いですからね

とにかく撮る事を教えてくれたカメラであり、同じ画角のiPhoneとの画質や色再現性の違いを感じさせてくれたカメラ。

写りも素直で、当時の富士フイルムXシリーズの中では数少ない自撮りも出来て使い勝手の良さが特徴です。

旅行もX70で良く行ったなぁ

車で移動しない時の旅行で持ち出したのもX70でした。

X70のデジタルテレコンも使えば大抵の写真は撮れる、というのも大きいです。

決して早くないオートフォーカスも旅行の景色を写すには問題ありませんし、被写体が子どもの時も顔認証AFを使えば何とかなりましたから。

チルト液晶なので、X-Pro2を使っている今よりもローアングルで撮った写真が多い気がする…、もっと精進しなきゃ。

天の川がキレイに撮れるコンデジも少ないんじゃないでしょうか。

ファインダーが無くて苦労しましたけどね…。

SNSでビックリするくらいの反応があったのも、この写真が最初で最後だろうな。

でも最近めっきり使う機会が無くなってきてしまったX70

そんなX70ですが、最近は使う機会がめっきり減ってきてしまって。

理由としてはX-Pro2とXF18mm F2 Rの使い勝手と描写が想像以上に良すぎたから。

X-Pro2とXF18mm F2 Rの組み合わせはX70の様にポケットには入りませんが、オートフォーカスもX70より速くて威圧感もなく取り回しも良し。

おまけに絞り解放での写りが好みなのでX70を持ち出す出番が…。

カメラは使ってなんぼなので、X70使ってくれる他の方の元に旅立って貰うことにしました。

XF10も良いんだけどね…

X70より軽くて薄いXF10も良いんですが、X70ユーザーが購入するにはオートフォーカスの速さなど諸々含めて、ちょっとパンチに欠けるかな~と私は感じます。

X-T3と同じセンサーを積んだX70の後継機が出たら飛びついてしまうかも知れない。

ほぼしゅ~
たぶん発売しないだろうから勝手なこと言ってますが。笑

ほぼしゅふ的まとめ

撮った子どもとの写真を見る度に、何十年経ってもX70のことを思い出すんだろうなぁ。

本当に良いカメラでした、ありがとう、X70。

新しい相棒を見つけるまではiPhoneXsで乗り切ろう。

新しい持ち主の人に壊れるまで使って貰えたらいいな…。



-富士フイルム

Copyright© ほぼしゅふブログ , 2019 All Rights Reserved.