ブログについて

ブログについて

好きなカメラ(主に富士フイルム)や写真、ときどき子育てについての情報を発信しています。




富士フイルム

X-Pro2をISO感度はどこまで使えるか、ノイズの乗り方を比較してみた。

投稿日:

富士フイルムのXシリーズはAPS-Cのセンサーを積んでいます。

フルサイズセンサーにはさすがに劣りますが、同じAPS-Cのセンサーを積んでいるカメラと比較してISO感度を上げても意外とノイズに強いと使っていて感じてます。

今回は実際にX-Pro2を使ってISO感度の違いでノイズがどれだけ違うのか比較してみました。

ほぼしゅ~
今回の記事はカメラアマの記事を参考にしたよ!

実際に比較する前にX-Pro2のISO感度に対する個人的な感想

X-Pro2使用して感じるのはISO3200くらいノイズが出始めますが、問題無く感度を上げて使えます。

ISO6400までは常用で使ってもそこまで問題はありませんが、ISO12800になるとノイズがかなり乗ってくる感じ。

特に暗い場所ではノイズが目立つ印象。

星を撮る時などはISO3200~6400の間で出来るだけ感度を小さくするのを意識しながら妥協点を見つけてます。

※個人の感想です

今回は普段撮影している感覚と合っているのか、実際に試してみました。

ISO感度の違いによるノイズの乗りかたを見てみる

標準感度であるISO200から1段ずつ上げて等倍でトリミングしてみました。

F値は11、シャッタースピードはAUTO、レンズはXF18mm F2 Rです。

ちなみに、ISO200未満のISO感度についてはこちらの記事で分かりやすく比較してありますので、良かったら一緒にご覧ください。

ISO200

等倍で見てもこの画質なのはさすが。

ISO400

ほぼ変わらず。

 

ISO800

なんとなく変わってきているのが分かりますでしょうか。

ISO1600

ISO800とそんなに変わらないような…

ISO3200

細部にノイズが乗ってきています。

ディテールもまだまだ問題ありません。

ISO6400

(ノイズ出てきた)

ISO12800

ノイズが目立ってきてます。

とはいえディテールはギリギリ残ってます。

ISO25600

ここから拡張感度、かなりノイズも激しくて厳しい感じ。

ISO51200

ここまで来るとノイズもすごく、ディテールも何も無い状態。

とりあえず暗い場所で撮れれば…といった感じですね。

X-Pro2の感度を1枚の写真にまとめてみた。

X-Pro2の写真を一枚に並べてみました。

ISO12800まではなんとかディテールが保てていますが拡張感度である25600以上ではさすがに厳しい感じ。

X70のISO感度の比較もしてみた

参考までに1世代前のセンサーを搭載するX70でも試してみました。

低感度では殆ど変りませんが、6400からノイズが乗ってきて12800からは実際に使う時にも躊躇しますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ほぼしゅふ的まとめ

今回はISO感度の違いを比較してみました。

普段等倍で鑑賞する事がないので新鮮でしたが、今度から出来るだけ低感度で撮ろうとかな。笑

実際に新しいカメラを購入した時にはどれだけ感度上げて自分が許容できるか、自分でテストしてみると良いですよ。

それでは良いフォトライフを♪



良かったら読んでみて

1

あなたは撮った写真を印刷してますか? 私は外付けのハードディスクに写真データを保存するだけでプリントしていませんでした。 ...

2

「富士フイルムってカメラ作ってたの!?」 と思われているくらいカメラに詳しくない人から認知度が低い富士フイルム。 ほぼし ...

3

ブログで色々なネットプリントサービスを紹介していますが、どこに注文するかって本当に悩みますよね。 ALBUS(アルバス) ...

4

カメラを購入する時って、欲しいカメラを実際に使っている方のレビューを参考にする方が多いのではないでしょうか。…私がそうな ...

5

Amazonのプライム会員ってプライムって書いてある商品を送料が無料になって、時間指定で早く届けてくれるだけだと思ってい ...

-富士フイルム
-

Copyright© ほぼしゅふブログ , 2018 All Rights Reserved.