富士フイルム

富士フイルムX-H1発売日や予想スペックは?買うべき人をX-T2ユーザーが考えてみた

更新日:

最近、富士フイルムの新機種「X-H1」がそろそろ発表されるのでは?という噂話で持ちきりです。

まだ噂でしかありませんが、気になる方も多いはず。

海外サイトがソース元の不確定のソースですが、今出ている情報についてまとめました。

その情報からX-H1の購入を待った方が良い方はどんな人かについても考えてみました。

スポンサーリンク

X-T2より大きくなる

https://www.fujirumors.com/ より画像を引用

 

 

上の画像はX-H1の予想スケッチをX-T2と照らし合わせた図。

X-T2をベースに、より大きくなっている様子が伺えます。

https://www.fujirumors.com/ より画像を引用

 

またこちらの上から見たスケッチ画像から、X-T2よりもグリップが大きくなる事も分かります。

手の大きい方、大きい望遠レンズを常用する方にとってはX-T2では正直手持ちではツライ部分もあったと思うのでこれは良いですね。

ほぼしゅ~
1万円以上するメタルハンドグリップ販売するくらいなら最初からグリップ厚くして欲しかった!という方も多いと思うので…

 

ボディ内手振れ補正が搭載の予定

富士フイルムXシリーズ初の5軸ボディ内手振れ補正が搭載されるそうです。

特に動画を良く撮る方はボディ内手振れ補正を待っていた方も多いのではないでしょうか。

ほぼしゅ~
個人的にはボディ内手振れ補正はエントリー向けの機種にこそ必要だと思っている派なので発売する全ての機種に早く搭載されるといいな

レンズの光学式手振れ補正は使えない?

今の所、他のカメラメーカーの様にボディ内手振れ補正とレンズ内手振れ補正をシンクロさせた補正は行なわれないそうです。

ただ、富士フイルムなら将来的にファームウェアのアップデートで可能にしてくれるかも知れませんので期待したい所ですね。

ハイレゾショットなどは非搭載

手振れ補正の機構を生かして、より高画素の写真が撮れるハイレゾショット(センターシフトマルチショット)などは搭載されないそうです。

これはボディ内手振れ補正の開発だけでもかなり大変でしょうから残念ですがしょうがないですね。

センサーはX-Tran CMOSⅢ

カメラの肝、センサーはX-T2などと同じ「X-Trans CMOSⅢ」、画像処理のエンジンについてもX-T2と同じ「X Processor Pro」が搭載される見込み。

という事はですよ、X-T2やX-Pro2にもX-H1に搭載される(ソフト面での)新しい機能がアップデートで搭載される可能性があるという事なのでこれは嬉しいですね。

新しいフィルムシミュレーションが追加

フィルムシミュレーション「Eterna」が新しく追加される予定です。

私はこのフィルムは知りませんでしたが、映画で使われていたネガフィルムのようですね。

上述したように画像処理エンジンが同じという事はこちらもX-T2に搭載される可能性は高そう

EVFの高画素化

X-T2のEVF(液晶ファインダー)の画素数と比較して3割アップするとの事。

EVFについては画素数が高ければ高いほど見やすく自然になってきますので、全ての方に恩恵が得られるので大歓迎。

露出補正ダイヤルが無くなる代わりに上部に液晶が付く

https://www.fujirumors.com/ より画像を引用

 

 

露出補正のダイヤルが上部に付かない代わりに、中判カメラGFX50Sと同じ様な液晶が付く予定。

グリップ部分にシャッターボタンが移動したおかげでスペースが空いた分、液晶を付けるスペースが出来きてより一眼レフっぽい仕上がりになりそうです。

3方向チルトモニター+タッチパネルが搭載される予定

X-T2にも付いている、縦構図の撮影でも液晶をチルト出来る3方向チルトモニターにさらにX-E3の様なタッチパネルが搭載される予定です。

X-T2の利便性をさらに高めているのは好感が持てます。

4Kフォトが使える?

パナソニックなどに搭載されている4Kフォトが搭載される予定。

これによって動画感覚で写真を撮って、その中から好きな写真を簡単に選べるようになりそうです。

バッテリーはX-T2と同じ

バッテリーはX-T2などに採用されている、動画の熱暴走を対策したNP-W126Sの予定。

参考記事富士フイルムの予備バッテリーに互換品ってどうなの?X-T2の4K動画で使えるか試してみた。

手持ちのバッテリー資産をそのまま生かせるのはありがたいですね

ほぼしゅ~
バッテリーの持ちは改善されるのか一抹の不安は残りますが期待しましょう!

価格は?

価格は2000ドル前後という事なので、日本では初値で20万円を少し超えてくるかも知れませんね。

発売日は2018年上半期の予定

今の所2月末に発表して3月1日から横浜で開催されるCP+でお披露目されるのが濃厚でしょうか。

そこから4月頃までに発売されるのでは?というのが個人的な予想です。

買うのを検討するのはどんな人?

ずばり「ボディ内手振れ補正」が欲しい方が想定ユーザーになりそうです。

  • 動画を中心に使う方で、ジンバルなどを使用せずに手振れしない動画を撮りたい方
  • 暗い場所での手持ち撮影において、強力な手振れ補正の恩恵でISO感度を上げずにシャッタースピードを上げて手振れしない画質の良い写真を撮りたい方

特に富士フイルムとしてはシネマカメラ用レンズ「MK18-55mm T2.9」「MK50-135mm T2.9」のXマウント用を発売するに当たって、それに最適化されたカメラとしての役割も期待しているのではないでしょうか。

ほぼしゅふ的まとめ

X-H1はX-T2よりも大きく、より一眼レフ機っぽい見た目になりそうです。

個人的にはボディ内手振れ補正は魅力的ですが、X-T2より大きくなるカメラを果たして持ち歩くだろうか?と考えると多分買わないかな~というのが正直な感想です。

ほぼしゅ~
大きくて重いのイヤでミラーレスにしたのでサイズ的にはX-T2が限界…

とはいえ発表が待ち遠しいです!楽しみに待ちましょう!

次の記事 〉〉〉富士フイルムX-T2を半年使ってみて分かったこと【レビュー】

良かったら読んでみて

1

「富士フイルムってカメラ作ってたの!?」 と思われているくらいカメラに詳しくない人から認知度が低い富士フイルム。 実は写 ...

2

あなたは撮った写真を印刷してますか? 私は外付けのハードディスクに写真データを保存するだけでプリントしていませんでした。 ...

3

カメラを購入する時って、欲しいカメラを実際に使っている方のレビューを参考にする方が多いのではないでしょうか。…私がそうな ...

4

Amazonのプライム会員ってプライムって書いてある商品を送料が無料になって、時間指定で早く届けてくれるだけだと思ってい ...

-富士フイルム

Copyright© ほぼしゅふブログ , 2018 All Rights Reserved.