カメラ

キヤノンEOSKissX7やX9に使える一万円で買えるクリップオンストロボまとめ

更新日:

 

ストロボが欲しい…

こんにちは、ほぼしゅ~(@hoboshu)です。

1つ持っていると意外に便利そうなクリップオンストロボ。でもキヤノン純正のストロボってどれも高いんですよね~。

今回はタイトルにEOSKissX7やX9と付いていますが、キヤノンのカメラ全般に使えて私の様に懐が寂しい人にも優しいストロボをまとめていきます。

 

条件は

  • 価格が一万円前後
  • E-TTL機能があること(自動で光を調整してくれる機能)

この2つです。

 

キヤノンスピードライト90EX

実はEOS Kiss X7にはコマンダー機能という他のストロボをワイヤレスで光らせる事が出来る機能が付いていません。しかし、この90EXを装着することでワイヤレスでいくつかのストロボを同時に焚く事ができます。

ほぼしゅ~
Flash airの様にカメラの欠点を補えるって良いですね。

 
バウンス(ストロボの光が照射される方向を変える機能)撮影は出来ないので標準で付いているフラッシュの代わりのものと思っていればOKです。また、これを使えばカメラの本体のバッテリーは消耗しないのでオススメです。

 

購入する時はEOSMシリーズに付属として付いていた事があるので中古品が半値以下で購入できるので気にしない方はそちらをどうぞ。

 

 

シグマ  エレクトロニックフラッシュ EF-530 DG SUPER

 

シグマってレンズだけじゃないの?

シグマは高品質なレンズで有名ですがカメラを始め、周辺機器も取り扱っています。こちらは私の知り合いからのオススメですが、とてもコスパに優れた商品です。

なんとガイドナンバーが53!(ガイドナンバーが高い程遠くまで広い範囲に光を飛ば事が出来ます)もはや純正ならウン万円するレベルの光量がありながらこのお値段という…。
さらにバウンス撮影も可能です。

実際に使っている方に聞いても調光は問題ないので結婚式とか暗い場所で使えるよ、と薦めて頂きました。

デメリットは重さが約700gとKiss X7やX9の本体より重い所と結構サイズが大きい所。ただ、大は小を兼ねますのでいざと言う時に役に立つ事は間違いありません。

 

 

 NEEWER PRO NW670

 

Amazonで販売している激安ストロボはいくつかありますが、その中でも評判の良さそうなのを1つ。E-TTLに対応していますし、お値段なんと4599円!(2017.1.30現在)
値段は同等の純正品の10分の1程って安すぎる…。

ほぼしゅ~
純正が高すぎなだけな気がしてくるぞ…。

重さも約400gなのでシグマよりは気軽に持ちだせるかと。最悪壊れてもしょうがないと思える値段が魅力ですね。値段で選ぶならこちらが第一候補になりますね。

 

 

純正のストロボとの違い

例えばキヤノンのフラッグシップのストロボ、600EX Ⅱ-RTとの違いは機能性と信頼性でしょう。防塵、防滴仕様で使う場所を選ばず、電波通信を使用してより遠くまでワイヤレスで撮影が可能です。

(従来の光通信だと障害物があると干渉して撮影できない時があった、テレビのリモコンみたいになる)

また連続発光の際の調光の信頼性が違います。簡単に言うと純正のお高いのはプロ向けです。プロが現場でいざ使おうとして壊れてしまって撮影できないと、信用にかかわりますからね。私たちアマチュアカメラマンは自分の使用状態と懐具合で決めるのが良いでしょう。

ほぼ主夫的まとめ

実はうちの妻の家にもキヤノン純正ストロボはあったんです。やったー!ストロボ買わないで済むぞ!と思ったら

あったのは580EZ。

EZ?EXじゃないの?と思って調べたら、フィルム時代のストロボはマニュアル発光のみで自動調光はしてくれないみたいです。とりあえずブツ撮りには使えないこともなさそうだけど、やっぱりE-TTL機能が欲しい!

という事でまとめてみました。どうですか?一緒にストロボ買ってライティングに挑戦してみませんか?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

良かったら読んでみて

1

こんにちは、ほぼしゅ~(@hoboshu)です。 カメラを購入する時って、欲しいカメラを実際に使っている方のレビューを参 ...

2

こんにちは、ほぼしゅ~(@hoboshu)です。 あなたは撮った写真を印刷してますか? 私は外付けのハードディスクに写真 ...

-カメラ
-, ,

Copyright© ほぼ主夫ブログ , 2017 All Rights Reserved.