カメラ

絶対にカメラと一緒に購入するべきものを予算1万円以内でまとめてみた

更新日:

 

これを見ているあなたはネットでカメラを購入する予定ですか?
一般的に家電量販店で買うよりネットで買う方が安い事が多いですよね。
初めてカメラを購入する時は家電量飯店で購入するとカメラの周辺商品が一緒にセットになってくる事もあります。(逆にいらないモノまでセットで付いてくる事もありますが

カメラ+レンズを購入するだけで写真は撮れますが、使う前にこれだけは一緒に買っておいた方がいいよってグッズを挙げていきます。
ただ、皆さん出来るだけカメラとレンズ以外にお金は掛けたくないんじゃないかな~?と思うので予算1 万円で一緒に買うものを書いていきますので安心して見ていってくださいね。

スポンサーリンク

1、メモリーカード

 

これが無いとそもそも写真を記録出来ないので当たり前ですが。最近のカメラは一部のフラッグシップ機を除いてSDカードが大半です。なので今手元にあるSDカードを使っても構わないのですが、出来ればclass10以上と書かれているカードを選びましょう。

 

それより小さい数字だと今のカメラは写真一枚のデータ容量が大きいので書き込みに時間がかかってストレスになりますので出来るだけ書き込み速いSDカードを選びましょう。
オススメはWi-Fi機能付きSDカードのFlashAirですが、Wi-Fi機能があるカメラ、もしくはWi-Fi機能必要ないよって方はトランセンドのSDカードがコスパも評判もがいいので、まずは使ってみたらいかがでしょうか。

 

 

 

2、液晶保護フィルム

 

カメラの液晶部分にフィルムを貼り付けて液晶部分を傷から守る商品です。スマホの液晶部分に貼るものと同じです。もちろん、貼らなくても撮影は可能ですが、カメラって大事に扱っていてもスレやキズが出来ます。

 

なので傷が出来るのが精神的にイヤな人、カメラを買い取りに出す時に傷のせいで査定額がダウンになるのはイヤって方におススメです。
材質が大きく2種類あって安価なフィルムタイプと高価だけど透明度と硬度を併せ持ったガラス系フィルムがあります。
私はフィルムタイプを使用していますが特に見づらいと思った事もないのですし、液晶を守られている安心感もあるので満足しています。

 

 

 

とにかく液晶画面と傷にこだわる方はガラス系フィルムをおススメしますが、価格は2倍程の開きがあるので良く検討して下さ
いね。

 

3、レンズ保護フィルター

 

レンズに保護フィルターを付けると光学的に不利なので付けない!という方もいますが、私はフィルターは付けてます。一番の
理由は、もし撮影中にフィルターを付けないでレンズにキズをつけたら…と思うと怖いから(笑)
どうしてもフィルターをつけると逆光でフレア(写真のコントラストが下がる)やゴースト(光の玉や筋)が発生するって時でも私の場合はそれも味かな、と思う事の方が多いのでよほどの事で無ければ外しません。

 

個人的には一番必要な周辺商品かなと思います。レンズに傷が出来てからでは遅いですから。
レンズ保護フィルタ―も撥水・撥油等の機能が付いているものもありますが、個人的にはまずは出来るだけ安いものでいいかと
思っています。

 

 

ただ、広角レンズ等であまりフィルターが厚いと写真を撮った際に四隅がケラれる現象が起きるので広角レンズを購入する時は
注意して薄いフィルターを購入するようにしましょう。

 

 

4、インナーボックス

 

個人的な意見ですが、一般的にカメラバッグで検索するとダサいものが多くないですか?しかも意外と高いという…。
最初からカメラを入れるバッグを買っても、それが自分の撮影スタイルに合っているか分からないと思います。
なので、今自分が持っているバッグをカメラバッ グにしてしまおうという商品です。
これならとりあえず自分の持っているカバンや機材の大きさに合わせて購入する事ができますし、しかも安いですがクッション性もありますので安心してカメラを持ち運べます。やはりカメラは精密機械ですからね。
個人的に使っていてオススメはハクバのインナーボックスです。蓋の部分のクッション性もありますし、取り外す事も出来ますので私はバックパックに入れる時は蓋をして、ウエストバッグに入れる時は蓋を外してます。
色も3色ありますが、黒だと細かいモノを入れると分かりずらいかもしれないので黒以外の方が分かりやすくてオススメです。

 

 

大きさの種類がいくつかあるので自分のバッグの大きさに合わせたインナーボックスを購入して下さいね。

 

 

5、レンズペン

 

うっかりレンズを触ってしまって指紋がベッタリ 、なんて事があります。そんな時に頼りになるのがレンズペン。

 

先にブラシの方でホコリやゴミを取り除きます。次にもう片方にセーム革のチップが付いていて、これをレンズに軽くあてて、拭いていくとキレイに汚れが取れます。小さいのでお出かけにも持って行けるのでおすすめです。
私はハクバのレンズペンを使っていますが評判も良いですし、特に不満はありません。

 

 

6、ブロア―

 

これを手に持ってシュポシュポして風でホコリやゴミを吹き飛ばします。特にカメラのセンサーは使っていると意図せずホコリが入ってくるので(カメラ自身もセンサークリーニングしてくれるけど限界がある)、カメラを下向きにしてこのブロア―でホコリを取り除いていきます。

これでホコリが取れない場合は各カメラメーカーでセンサークリーニングしてくれますので(基本有料)そちらにお願いしましょう。
私はあまり外であんまりレンズ交換しないので家でHAKUBA ハイパワーブロアープロというブロア―を使っています。程よい大きさとノズルが短いので狙った所にエアーを飛ばせるので使い勝手が良く満足してます。

 

 

ブロア―もレンズペンもセットで安く売られている商品もありますが、耐久性等の面で評価が悪く、結局安物買いの銭失いにな
る事が多いみたいなので高くてもしっかりしたものを購入したほうが後々長く使えるかと思います。
他にもメンテナンス商品はありますがとりあえずはこの2つがあれば大丈夫かな。

 

7、予備バッテリー

 

私は一眼レフのEOSKissX7を使用していますが、バッテリーが満充電の状態なら一日使っていても無くなる事はほとんどありません。

ただ、旅行等でバッテリ ーを充電できない時等には予備バッテリーが役立つと思います。スマホのようにUSBから給電出来るカメラがもっと増えればいいんですけどね。
ちなみに純正のバッテリーは結構お値段するので、自己責任ですがamazonで互換性のあるバッテリーを購入するのも手です。

 

 

ほぼ主夫的まとめ

 

2017.1.1現在でこの8つを購入すると\10,603円になりました。
他にも三脚やストロボ、リレーズ、ストラップ等いろいろ撮影していくうちに自分の欲しいモノが分かってくる商品は除外しました。

特に三脚やストロボは良いモノを買おうとすると結構いいお値段しますから。

 

まずはカメラとレンズにプラスしてこちらの8つの商品を買 ってから楽しいカメラライフを送ってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

良かったら読んでみて

1

こんにちは、ほぼしゅ~(@hoboshu)です。 カメラを購入する時って、欲しいカメラを実際に使っている方のレビューを参 ...

2

こんにちは、ほぼしゅ~(@hoboshu)です。 あなたは撮った写真を印刷してますか? 私は外付けのハードディスクに写真 ...

-カメラ
-, ,

Copyright© ほぼ主夫ブログ , 2017 All Rights Reserved.