カメラ

EOSKissX7を使用していて不満な3つのこと

更新日:

 

前回、EOSKissX7を買うべき理由を述べてきてましたが、使っていれば「う~ん」と思う事もある訳で。

 

 

今回はそんな実際に使ってみての不満点を述べていきます

1.ライヴビューが遅すぎて使えない問題

pexels-photo

 

 

ローアングル撮影等をする時にファインダーではなく背面液晶を使って撮影(ライヴビュー撮影)したい時があるんですが、動きが割りともっさり。

 

設定次第でスマホの様に直感的に撮影できるのば良いのですが、連写は出来ないですし、普段のファインダー撮影の様な速さでオートフォーカスが効かないので動き物には使える気がしません。

 

 

私の場合はどうしても屈めない等ファインダーで撮影出来ない時以外は積極的には使っていません。

 

 

ちなみに上位機種になるとかなり改善されていて撮影してもいいかな?レベルに仕上がっています。

2.AFポイントが少ない

ai-servo

キヤノンホームページより引用

 

 

 

ここがニコンのエントリー機種とは全然違ってきます。

 

 

ニコンはD3300の様なエントリー機種でもAFポイントが11点ありますが、EOS Kiss X7 はたったの9点です。簡単に説明すると数が多ければより正確なピント合わせが可能になります。

 

 

このご時世にAF9点なの?という事もあり、激しい子供の動きには心許ないです。

 

 

正直買うまでは別にそこまでオートフォーカスのポイントなんていらないでしょ?と思っていたのですが、ピントの精度を追い込みたい時にはやっぱり欲しいです…。

 

 

この辺は明確にカメラの値段の高さ=AFポイントの数になってますね。

 

 

ただこのAFポイントの欠点のおかげか?子供の写真でも中央一点だけのオートフォーカスで撮るようになりました(中央が一番ピントの精度が良いんです)ので一概には悪いとも言えないかもしれません。

 

 

世に言うライザップ方式とでも言いましょうか、縛り制限をしてそれを極める的な。

 

 

3.気づくと撮影モードのダイアルが変わってる問題

mododial

キヤノンホームページより引用

私は普段ウエストバッグの中にカメラを入れて撮りたい時にバッグから取り出す様にしているのですが、その時に撮影モードのダイアルが動くのか、結構な頻度でバッグに入れる前と違う撮影モードになっています。

 

 

例えば普段は絞り優先モードで撮る事が多いのですがカバンから取り出すとマニュアルモードやシャッタースピード優先モードになっています。

これが撮影した後からあれ?と気づくことが多いのでストレスになったりします。

 

 

ちなみにこちらも上位機種にはロックのボタンが付いてて動かない様に出来てます。キヤノンは商売上手ですよね~。

 

 

ほぼ主夫的まとめ

 

細かいところではあるんですが、日々使っててストレスになりがちな部分をまとめてみました。
ただ、ライヴビューは基本ファインダー覗いて撮影するのが好きなのであまり使いませんし、AFポイントも私の場合は中央一点AFや置きピン等の技術的な部分で補ったり、撮影モードも撮る前に確認すればいいだけの話なので普段はそこまで不満はありません。

 

ただ、やっぱり購入前には知っておいて実際に触って我慢出きるか検討するのがいいでしょうね。

 

 

結論はもっと高いカメラを買え!と言ったところでしょうか(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

良かったら読んでみて

1

こんにちは、ほぼしゅ~(@hoboshu)です。 カメラを購入する時って、欲しいカメラを実際に使っている方のレビューを参 ...

2

こんにちは、ほぼしゅ~(@hoboshu)です。 あなたは撮った写真を印刷してますか? 私は外付けのハードディスクに写真 ...

-カメラ
-, ,

Copyright© ほぼ主夫ブログ , 2017 All Rights Reserved.