ブログについて

ブログについて

好きなカメラ(主に富士フイルム)や写真、ときどき子育てについての情報を発信しています。

写真管理

消えてしまった写真のデータを復元するEaseUS Data Recovery Wizard【PR】

カメラの操作を誤って撮った写真のデータを消してしまう。

日常的にカメラを使っていると1度は直面するトラブルと言っても過言ではないでしょう。

私も今までに何度か経験していて、写真を間違えて消してしまった事実に変な汗が出たものです。

今回はイーザスソフトウェアさんから復元ソフトを提供いただいたのでレビューしていきます。

使っているカメラや削除した状況によって救えるデータの数は変わりますが、操作も難しくないので試してみて損はないサービスでしたよ。

EaseUS Data Recovery Wizardについて

イーザスソフトウェアは名前の通りデータ管理のソフトウェアを開発している中国の会社です。

設立されてからも2004年と長く、世界の名だたる企業が導入していて信頼に足る会社と言っていいんじゃないかな。

EaseUS Data Recovery WizardはWindows版Mac版、iOS(iPhone)版、android版とありますが今回はMac版を利用しました。

Mac版ではPCに内蔵されたHDDやパソコンのゴミ箱、PCに接続できるSDカードやUSBメモリのデータを復旧することも可能。

復旧可能なファイルは写真だけでなく動画などファイルサイズの大きいものやwordやexcelなどのofficeアプリのデータの復旧もできますので安心ですね。

料金体系は3種類で

  • Freeは無料版で2GBまでのデータを復旧可能
  • Proは容量無制限で機能をフルに使える(PC1台まで)
  • TechnicianはProに加えてPCの複数使用可能で無料アップデート付き

といった感じ。

個人利用の場合はまずFreeで使い勝手を試してみて、問題なければ容量無制限のPro(10990円~)を購入するといいでしょう。

Technicianは複数台使用が前提ですし企業向けですね。

インストール方法はMac版の場合は特に難しいものではなく、写真左の「EaseUS Data Recovrey Wizard」をアプリケーションフォルダに入れるだけなのでPCが苦手な方でも問題なく使えるようになります。

復元の手順について

まずは復元したいデータがあるドライブを選択して右下のスキャンをクリック→時間が経つと見つかったファイルが表示される→復旧したいデータをクリックでチェックして復元するという流れでとてもシンプル。

写真の場合は画像のプレビューも確認できますので必要な写真だけ復元したいという場合でも簡単ですよ。

また、スキャン中に待ち時間が表示されますが、実際よりもかなり速く終わった印象(これはお持ちのPCの性能により異なると思われます)

FUJIFILM X100Vでフォーマットしてから試してみる

私の場合、カメラで撮影したSDカードを他のストレージに移す前にフォーマットして消してしまうパターンが想定されましたので、実際に富士フイルムX100Vにて撮影してSDカードをフォーマットしてから試してみました。

結果としては驚くことにほぼ全ての写真を復旧させることが出来ました。

何度か何十枚の中から1枚だけスキャン出来ないことはありましたが、かなりの確立で間違えて消してしまった写真を救うことができるのは。安心感がありますね。

このソフトはなかなか期待できるかも…!ということで家にある他のカメラでも試してみました。

α7RⅢでフォーマットしてから試してみる

手持ちのソニーα7RⅢでもフォーマットしてから試してみました。

写真のデータは復旧出来ませんでした

 

こちらでは撮影した後にフォーマットしてスキャンという流れを何度か試しましたが、1枚も復旧することは出来ませんでした、残念。

なぜ富士フイルムがOKでソニーがダメなんだろう?と思って全くPC関係に詳しくないなりに調べてみましたが、どうやらフォーマットの種類が少し違うみたいですね。

実際にソニーは比べて信じられないくらいフォーマットの時間が長い(ソニーを使い始めた時に1番びっくりした)ので他のメーカーと比較した時にしっかりフォーマットしているのかな、とちょっと納得してしまいました。

ちなみにフォーマットはしないでカメラ内で写真を全て削除した状態でスキャンしてみましたが、こちらは問題なく写真を復旧することに成功しました。

再生中に大事な写真を誤って消してしまった!という状況であれば救える可能性はかなり高いと考えても良いでしょう。

ほぼしゅ~
ソニーでフォーマットをする時にはデータをストレージにコピーしたかしっかり確認してからにしましょう!

ニコン COOLPIX W100でフォーマットしてから試してみた

子どもが使っているカメラ、ニコンのCOOLPIX W100でも試してみました。

実際に写真をスキャンしてくれますが10枚の内の2,3枚が上の画面のように閲覧を失敗していました。

もちろんこの様なデータは復元しても見ることは出来ません。

こちらもソニーの様にフォーマットしないで写真をカメラで削除しただけの状態でスキャンしたら違う結果になるのでは?

っと思って試してみましたがやはり2,3割のデータは閲覧できない状況なので、フォーマットするしないは関係なく私の家にあるCOOLPIX W100では救えない写真が感じでした。

それでも7,8割の確率で復旧できるならありがたいですけどね。

ほぼしゅ~
子どもがよく落としたりしているからニコンの責任にはできない…

ほぼしゅふ的まとめ

シンプルな使い勝手と買い切り型の料金体系を考えるとかなりおすすめ出来るソフトではないでしょうか。

すべてのデータを復旧できる保証はありませんが、カメラで撮った写真を再生中に間違えて消してしまった…みたいなケースではかなりの確率で復元できる事が分かりました。

フォーマットまでしてしまった状態からでもカメラによってはファイルを復旧できる手段があると思えるだけでも精神的ダメージは本当に変わってきます。

実際に使ったり試してみる時は最悪の事態が起きた時ですがこの記事を頭の片隅にでも入れておいて頂けたら幸いです。

私も今度間違えてデータを消してしまった時にはこの「EaseUS Data Recovrey Wizard」を使います(そんな機会訪れない方がいいけど…)

それでは良いカメラライフを。



-写真管理

Copyright© ほぼしゅふブログ , 2020 All Rights Reserved.