カメラ キヤノン 富士フイルム

コスパの高い革のカメラストラップを約1年使ってみた感想

更新日:

みなさんカメラのストラップは何を使ってますか?

え?付属の純正ストラップをそのまま?

お仕事で使うならそれも無難ですが、プライベートで使うならストラップもおしゃれなものを使ってみませんか?

私は今まで「203」というカメラのストラップ専門店のレザーストラップを使っていましたが、とてもおすすめなので紹介しますね。

スポンサーリンク

ダコタ ナチュラル Ver.2

http://203shop.jpより引用

203 Camera Strapsさんでは太さや色、素材などが異なったたくさんの種類の中から自分の気に入った選ぶ事が出来ます。

私はその中でも上の写真のレザーストラップ- ダコタ ナチュラル Ver.2を購入しました。

梱包は簡易で

梱包は薄めのダンボールに入ってきます。
が、ストラップなので特に問題はありませんし、中はこんなおしゃれな感じで包まれて来ます。
これにはウチの妻も開ける前から満足。

X-T2に付け替えてみた

構図をマネして撮ってみました。
X-T2に付けると結構カワイイ感じですね。

ほぼしゅ~
オサレなパパに見られたいのでOK

使って約1年ですが、だいぶ革も馴染んできてイイ感じになってきました。
一眼レフで使っていたのでこちらの3cm幅のストラップの方が良いかなと思って購入しましたが、ミラーレスなら2cm幅のストラップの方で問題なさそうですし、鞄に収納するときにも嵩張らないで済むので良さそうです。

金具部分にはしっかり革でサポートされていますのでカメラが傷付く事もありません。

映画でも使われていた?ストラップ

上の写真はレザーと帆布のMIX素材のストラップで、ブラウン×ブラウンのストラップです。
こちらのストラップ、映画「植物図鑑」で、三代目 J Soul Brothersの岩ちゃんこと、岩田剛典さんが付けているのと同じストラップなんです!(たぶん)

※動画の1:00~に出てきます

ニコンにこのストラップを付ければ岩ちゃんになれるかも!?
このブラウンのストラップは一眼レフに限らず、どのカメラにも合いそうですね。
ミラーレスなら幅が狭いこちらも良さそう。

ストラップ選びのコツ

これからストラップを買おうと思っている人に参考までに選ぶ時に考える事を書いていきます。

滑り止めはいるのか

主に純正のストラップには首に当たる部分に滑り止めが付いています。
私は滑り止めが無い方が首から外しやすくカメラを動かしやすいので好きです。
滑り止めがある方がカメラは安定すると思うので好みで選びましょう。

何かに引っかかったりしないか

レース素材や金具などがあると撮影中や持ち運んでいる時にストラップが枝やフックなどに引っかかってしまう可能性があります。
気に入ったデザインならそれでも良いかもしれませんが、撮影中は十分注意しましょう。

金具がカメラに当たったりしないか

上述しましたが、カメラを収納する時に金具が露出しているとカメラやレンズに傷が付く可能性があります。金具があるなら革や布で覆ってくれるようなストラップが良いですね。

洗濯ができるか

これ結構大事です。
私の様に革ですと気軽に洗濯機で洗うという事もできません
なので私は普段シャツを着て首に直接ストラップが付かないようにしています。

ほぼしゅ~
とりあえず臭くはないそうです(妻談)

帆布やナイロン系、純正ストラップならさっと洗濯できるのが良いですね。

スポンサーリンク

ほぼしゅふブロガー的まとめ

カメラってストラップを変えるだけでもすごく印象が変わるのでおすすめです。
私の様にデザイン性重視で選んでも良いですし、他のカメラへの付け替えが簡単であったり、ストラップの長さを容易に変えられる様な機能性重視のストラップを選んでも、もちろん良さそうです。

ただ今のご時世、他の人から見るとカメラをぶら下げているのは、自分が思っている以上に目立ちます
ほぼしゅ~的には特に男性の方にはダサいおっさんに見られない様なセンスの良いストラップを付けて欲しいなと思ってます。

ほぼしゅ~
カメラをぶら下げているのがオシャレ!と思われる時代が来るかどうかはあなた次第!かもね

 

良かったら読んでみて

1

カメラを購入する時って、欲しいカメラを実際に使っている方のレビューを参考にする方が多いのではないでしょうか。…私がそうな ...

2

あなたは撮った写真を印刷してますか? 私は外付けのハードディスクに写真データを保存するだけでプリントしていませんでした。 ...

3

Amazonのプライム会員ってプライムって書いてある商品を送料が無料になって、時間指定で早く届けてくれるだけだと思ってい ...

-カメラ, キヤノン, 富士フイルム

Copyright© ほぼ主夫ブログ , 2017 All Rights Reserved.