カメラ

キヤノンEF50mmF1.8STMは子供の撮影にうってつけのレンズ[レビュー]

更新日:

 

今回はキャノンの一眼レフを購入してキットレンズからの次の一本として検討する方も多い神レンズことEF50mmF1.8STMを実際に使ってみて率直な感想を書いていきます。

 

EF50mmF1.8STMの外観

 

このレンズは中古と新品でそこまで値段も変わらないので、今回は新品で購入。

 

梱包の箱です。

 

 

メイドインインドネシアなんですね。値段から考えて納得です。

 

箱から開けてもやっぱり小さいです。

 

ちなみにマウント部は金属ですので安心感があります。

実際にKissX7に取り付けてみてもキットレンズよりコンパクトです。

 

使ってみての感想

 

フルサイズ換算で80mmの焦点距離はポートレートに最適と言われています。

 

 

なぜそう言われるのか自分なりに使ってみて考えてみました。

 

 

このぐらいの焦点距離だと、背全身を撮るにせよ、バストアップを撮るにしても、実際に目で見ている範囲より狭いので「切り取る」カタチになります。

 

 

なので背景に無駄なものが入りずらいので撮影に集中できるます。

 

 

写真は引き算とも言われる通り、出来るだけシンプルな方が後で見た時に良い写真に感じられます。

 

 

家などの室内で使う時は(うちの家が狭いのもありますが)中望遠という焦点距離は被写体から少し離れないとイメージ通りに撮れないシーンが多いです。

 

 

ただ、このレンズは最小絞り値が1.8と明るいレンズなので多少の暗さならISO感度を出来るだけ上げないで撮影する事が可能です。

 

 

また、最小撮影距離が短いので被写体に寄って撮りたい時にも有効です。

 

 

個人的には公園などの外で子供を撮影する時に一番効果を発揮します。

 

 

周りに他の子供が居ても絞りを開いて撮れば周りの子供は背景と一緒にボケてくれますし。

 

 

寄ればバストアップ、離れて全身を撮影する時の距離感もちょうどいいです。

 

 

少しだけ作例

 

暗い室内での撮影

絞りを開放までしなくても寄って撮っていると背景ボケしますね。

 

 

明るい場所で絞って撮るといわゆる解像感のある写真も撮れます(素人目には)

 

 

逆光からでも工夫すればそこまで悪くないです(素人目には)

 

 

寄って撮れるのでブツ撮りにも使ってます。

 

あえて欠点を言うなら

 

最近のキットレンズは手振れ補正が付いていますが、このレンズには手振れ補正がありません。そもそも単焦点レンズに手振れはあまり付いていない事が多いです。

 

 

なので暗い場所でシャッタースピードが遅くなると手振れします。
なので写真が少し眠い感じだな~と思ったらレンズのせいにする前に自分の手振れを疑いましょう(笑)

 

 

ほぼ主夫的まとめ

 

EF50mmF1.8STMはこれ一本で色々な使い方の出来るレンズで、コスパも良しの満足度の高いレンズです。

 

1万円ちょっとの値段でこのクオリティなら10万円のLレンズってどんな写りをするんや…と思わせてくれます。

 

買って後悔する事は無いので是非一度使ってみて下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

良かったら読んでみて

1

こんにちは、ほぼしゅ~(@hoboshu)です。 カメラを購入する時って、欲しいカメラを実際に使っている方のレビューを参 ...

2

こんにちは、ほぼしゅ~(@hoboshu)です。 あなたは撮った写真を印刷してますか? 私は外付けのハードディスクに写真 ...

-カメラ
-, ,

Copyright© ほぼ主夫ブログ , 2017 All Rights Reserved.