ブログについて

ブログについて

好きなカメラ(主に富士フイルム)や写真、ときどき子育てについての情報を発信しています。

X100V

X100Vが気になったら読むべき最高の記事たち【随時更新】

X100Vかっこいい。

気になるんだけど、どんなカメラなんだろう。

高いけど自分に使いこなせるんだろうか…。

そんな方に読んでみてほしい記事をまとめました。

執筆時点ではまだX100Vは発売されておりませんので、現行機であるX100Fの記事を中心にまとめています。

X100Vにするか、それともX100Fにしようか迷っている方やX100シリーズでどんな写真が撮れるのか、手に入れるとどんなライフスタイルが送れるのか知りたい方は是非読んでみて下さいね。

X100Vの記事

富士フイルムは日本の会社ですが海外でのシェアの方が圧倒的に高いからか、発売前に提供されて発表後すぐにレビューを上げるのは海外のYouTuberやPhotographerです。

発売前はX100Vについてはこの記事を読んでいるよりもYouTube見た方が手っ取り早いと思う。笑

X PhotographerであるJonas Raskが富士フイルムから提供されて書いた記事。

大量に作例写真と共にX100Fとの写りの違いを比較しているのでとても参考になります。

動画ですがNYCが似合うカメラだなぁ…。

こちらも作例以外にもX100Fとの比較やXF23mm F2レンズのとの比較について分かりやすく解説しています。

X100Fの記事

自慢したくなるのがX100F。

日常にこのカメラがあるだけで最高のものになるんだろうな。

買う前に手放す時のことも考えておきましょう。

写真が良すぎて売れなくなります。

たとえ売っても何度も戻ってくる、それがX100シリーズというカメラの魅力。

良いカメラだなぁ。

旅したりフェスにも持って行きたくなる。

X100Vからは防塵・防滴なので更に安心。

カップル、夫婦の旅行にも最適。

こんな最高のポートレートだって撮れちゃうのに買わないんですか?

かっこいいな、からカメラを買っていいんです。

思い出は全てこのカメラが残してくれる。

35mmの距離感が家族の写真を撮るのにも良いんですよ。

NDフィルターが内蔵されているから明るすぎる場所でも撮れちゃう。

X100Fがあれば何だって撮れるんです。

あとはあなたの腕だけ。

富士フイルムの記事から。

X100シリーズはテレコンバージョンやワイドコンバージョンレンズを導入することで大半の撮影をカバーすることが可能な稀有なカメラであることが良く分かります。

富士フイルムと言えば高橋俊充さんは外せません。

その中からX100Fのカタログを撮影した金沢の写真たちをどうぞ。

ほぼしゅふ的まとめ

この記事の為に改めて色々な記事読んだら物欲が湧いてきました。

X100V、買うべきかも。

関連記事



-X100V

Copyright© ほぼしゅふブログ , 2020 All Rights Reserved.