ブログについて

ブログについて

好きなカメラ(主に富士フイルム)や写真、ときどき子育てについての情報を発信しています。

ソニー

α7III,α7RIII,α9で使えるINPONのクイックリリースプレートが良い感じ

α7RⅢは(フルサイズセンサーを搭載したカメラの中では)コンパクトですがコンパクト故に使いづらいと感じる時もあるんですよね。

  • 握った時に小指が余る
  • マウントアダプターCを使っている
  • アルカスイス互換の三脚を使っている

方には今回紹介するINPONのクイックリリースプレートはカメラの使い勝手が向上するのでおすすめです。

 

INPONのクイックリリースプレートについて、良い所など

 

α7シリーズはとてもコンパクトなので手が大きい方だと握った時に小指部分が余ってしまってグリップ力に不安があります。

メーカー純正でもこのような商品が販売されているくらいですからね。

個人的にはそこまで気になりませんが、重いレンズを使う時に心許ないのは間違いありません。

 

これはSmallRigのL型プレート

かといってサードパーティ製のプレートを選ぶとカメラのグリップ部分よりも太くて握りにくかったり私が使っているマウントアダプター「LM-EA7」が使えなかったりするので注意が必要です。

こればっかりは使ってみないと分からないことなので1度失敗しましたが、INPONのクイックリリースプレートを付けることで私がα7RⅢのハード面で困る部分は殆ど解消されました。

使い勝手について

装着感は全く問題なくカメラにしっかりフィットしています。

付けっぱなしにしていてもカメラと干渉して傷が付いたりする様なこともないでしょう。

個人的にはここまでグリップが長い必要はありませんが、手が大きい人でも十分に対応できる余裕があります。

バッテリー部分の蓋はプレート部分に移植しないと交換ができなくなりますので移動させましょう。

意外と簡単にできますよ。

プレートに六角レンチが磁石でくっ付いていますのでそれを使っていつでもプレートを取り外すことも可能です。

またプレートがアルカスイス互換になっているのでアルカスイス互換の三脚を仕様すればスムーズに装着できるのも嬉しいポイント。

私のマンフロットは出っ張ってる

ただし、三脚側に出っ張りがあるとに光軸上に取付できない可能性があります、私はあまり気になりませんのでそのまま使ってますが気になるなる方は対策した方がいいかも。

私の使っているManfrotto Eementだとネジが浮き上がっていて干渉します。

LM-EA7を装着した時の干渉がなくそのまま三脚に装着できる

マニュアルフォーカスのレンズをオートフォーカス可能にするマウントアダプター「LM-EA7」

とても便利なんですがそのまま装着するとカメラの底面よりも出っ張るので置くときにぶつけない様に少し神経を使うんですよね。

クイックリリースプレートを装着することでLM-EA7が出っ張らなくなるのはもちろん、アルカスイス互換の三脚にそのまま装着が可能になります。

調べた限りINPON以外ではRRSのL型プレートくらいしか該当しないのですが、RRSが恐ろしく高価なことを考えるとかなり良心的な価格で手に入れられるプレートと言えるでしょう。

ピークデザイン キャプチャーを付けても出っ張らない

なんか美しくない

ピークデザインのキャプチャーという商品を使うとバックに一時的に固定おいたり、アルカスイス互換の三脚に取り付けられるので便利なんですが、上の写真の様に出っ張ってカメラをテーブルに置きにくくなるのが欠点なんですよね。

このクイックリリースプレートにつけると殆ど出っ張らないので見た目が気持ち良い。

この状態で下に入れても干渉する

良いことづくめに感じますが注意点もあって、写真のようにカメラリュックを背負って脇の部分に固定しようとするとグリップ部分が邪魔をして横ではなく縦に固定することになります。

 

実際にはこの状態でしか装着できない

レンズを下にして装着したい方も多いと思うのでそこだけ少し微妙ですね。

私はピークデザインのエブリデイスリング10Lを使用しているのでそこまで気になりませんが、エブリデイバックパックなどリュックタイプに取り付けて使用している人は購入前に使い方を検討した方が良いでしょう。

写真はFE85mm F1.8だけど傾いてる

また、キャプチャーのプレートを取り付けてもテーブルに置いた状態で傾かない様にするには小さくて軽いレンズヘビーにならないレンズのみになります。

私の所有するレンズだとNOKTON Classic 40mmくらいで、ソニーの純正レンズだとsonnar T* FE 35mm F2.8 ZA (未検証だけどたぶん大丈夫なはず)などでしょうか。

INPONの類似商品について

INPONには他にもα7III,α7RIII,α9で使えるエクステンショングリップと呼ばれる商品があります。

こちらでの方が厚みが薄く、LM-EA7の装着も可能な様ですが

  • グリップが出っ張っていて少し握りずらそう
  • LM-EA7を装着するとアルカスイス互換の三脚にそのまま装着できない

というデメリットもあるので自分の用途に合わせて購入するのが良いかと思います。

INPONのクイックリリースプレートのいまいちな所

プレートの重さ自体は93gなんですがカメラに装着すると思った以上に重く感じます。

もちろんその分握りやすくなりますが、重いレンズを付けると見た目的にも一眼レフとあまり変わらない印象です。

私はあまり目立ちたくないので小さいレンズを使う時は外してますが、ゴツいカメラを使いたい方にはむしろ良いかもしれませんね。

あとはL型のプレートではないので縦位置で三脚を使って撮影したい場合は三脚のボール部分を動かして対応することになります。

私は縦構図で三脚撮影することは殆どありませんが必要なかたは別途プレートを購入するしかなさそうです。

ポイント

L型プレートだとカメラを縦にした状態でアルカスイス互換の三脚に装着できて安定する

ほぼしゅふ的まとめ

私にとってはほぼパーフェクトなプレートでした。

かなりゴツくなりましたが普段使いはX100V、本気で撮りたい時はα7RⅢと使い分け出来てむしろ良かったかも知れません。

α7RⅢを使っている間はこれを装着していこうと思います。

余談ですが、革のボディケースも気になるって方はulyssesのボディスーツならLM-EA7が出っ張らなくてよさそうですよ。



-ソニー

Copyright© ほぼしゅふブログ , 2020 All Rights Reserved.