カメラレンタル

家電がレンタルできる「レンタマ」でOsmo Pocketを借りるときの手順と感想について【PR】

ちょっとした旅行やイベントにカメラを持って行きたいけど出費が…という方にちょうど良いのがレンタルサービス。 

少ない資金で使いたい日にちだけ借りることが出来るのでとても便利なんですよね。

今回はレンタマ様から機材のレンタルサービスを体験させて頂きましたので、実際に使ってみた感想とレンタルする時の手順についてまとめました。

レンタマについてとレンタル出来るもの

レンタマは家電のレンタルサービス。

カメラを中心にiPhone、掃除機など多様な商品をレンタルすることが可能です。

ほぼしゅ~
今の所はエントリークラスの一眼カメラやアクションカメラなどが中心かな

今回は購入の検討をしていたOsmo Pocketをレンタルしてみました。

レンタル開始日と返却日を入力し、商品の到着時間と配送先を指定するだけ。

支払いはクレジットカードのみになりますので注意が必要です。

実際にレンタマで借りてみた感想

時間指定で届けてもらえますし、クロネコヤマトさんから届きますので安心です。

届いた様子

中身は商品とSDカード、利用マニュアルや返送のための送り状が同梱されています。

使う前に商品の中身がすべて入っているか、ちゃんと動作するのか確認した方が良いですね。

ほぼしゅ~
特に旅行に行く方はバッテリーの充電を忘れずに!

Osmo Pocketをレンタルして使ってみた感想

動画をコンパクトな機材で撮りたいという方にはOsmo Pocketは最適解と言って良いでしょう。

Osmo Pocketの良い所はとにかく手ブレしないので浮遊感のあるヌルヌルした動画が撮れること。

実際に撮った動画を見た方が早いですね。

0:35~の滑り台の辺りが分かりやすいのですが、iPhoneなどのスマートフォンで撮影すれば(手振れ補正は付いてますが)滑り台がローラー状になっていてガタガタ上下に揺れてしまう場面なんですよね。

それがOsmo Pocketではブレを全く感じさせない写り、これはすごい。

もちろんiPhoneやカメラにジンバルというものを装着すれば同じ様な動画は撮れますが、この場面の様な狭い場所では不向きですし子どもと遊びながら動画を撮るなんて夢のまた夢です。

ファミリー世代の方には特に楽しめる製品だなと感じましたね。

ほぼしゅ~
Osmo Pocketについてはまた詳しく記事にしますね(たぶん)

返却について

届いた時の段ボールを再利用して返送するので商品を取り出す時はキレイに送り状を剥がしましょう。

送り状は既に氏名や住所が記載されているのでそのまま貼ってコンビニなどに持ち込めばOKです。

返却日の何時までに返せばいいの?

レンタルする方が気になるのはいつまでに返却すれば追加料金が取られないか、ではないでしょうか。

実際にOsmo Pocketをレンタルして届いた冊子の中に書いてありましたが、返却日の24時までに配送の受付をすれば追加料金は発生しません。

ほぼしゅ~
ホームページに記載されていますが少し分かりづらいかな?と感じました

レンタルの延長料金は?

レンタルを申し込んだ日数を超えた場合、1泊ごとに延長料金が発生します。

延長したい場合はレンタル最終日の1日前に確認のメールが届きますので、そちらの延長申請のリンクから申請しましょう。

ほぼしゅ~
延長料金は機種ごとにちがいますので確認してね!

ちなみに今回レンタルしたOsmo Pocketの場合は1泊ごとに400円が掛かります。

レンタマは安いのか?

実際にレンタマの料金について、他のレンタルサービス(今回はRentioさん)といくつかの商品(レンタルで借りる人が多そうな商品)を例に出して比較してみました。

機種名レンタマRentio
Osmo Pocket5,880円5,980円
Go Pro HERO 7 BLACK9,880円9,980円
TG-56,880円6,980円
instax SQ 10  3,880円2,980円
DJI Spark7,880円7,980円
オリンパスPEN 
E-PL9 レンズキット
8,880円7,980円
EOS Kiss M ダブルズーム11,800円11,980円

※レンタル価格はすべて3泊4日で税込

料金はRentioさんよりお得に借りられる機種もあれば若干割高な機種もあるのでこれはもう完全に機種による感じ。

Rentioさんの方が家電レンタルを早くから始めているのもあってか商品数が豊富、更に月額レンタルや無料の保障(一部商品のみ)など様々なサービスが充実してます。

ほぼしゅ~
レンタマさんも壊れた時には原則、修理費は請求されないそうなので安心してください(故意で壊したら知りません)

レンタマはSDカードも付属してくれるので安心

今回比較したRentioさんではSDカードはレンタル料金の中に含まれていませんがレンタマさんではSDカードが付属されます

ガジェット好きな方なら処理速度の高いSDカードを1枚はお持ちかも知れませんが、SDカードが付属されていないと、

  • イベントの時に使おうとした時にSDカードが入っていなかった
  • 動画を撮ろうとしたら既に持っているSDカードの処理速度が遅くて使い物にならなかった
  • SDカードは持ってたけどmicroSDカードしか入らなかった

なんて悲しいことも…

レンタマでは動画にも対応したSDカードが商品と一緒に届きますので安心ですよ。

ほぼしゅ~
SDカードは忘れずに入れてね!

※ちなみに機種内にデータを記憶できる内臓メモリがある商品(DJI Sparkやビデオカメラなど)についてはSDカードは付属されませんので、より多くのデータを保存したい方はSDカードも用意しましょう

ほぼしゅふ的まとめ

レンタマはこんな方におすすめ

  • 購入前にレンタルしてみたい方
  • 旅行やイベントの時だけちょっと使ってみたい方

私の様に商品を購入する前に試してみたい慎重派な方や、購入するほどでもないけどイベントや旅行の時だけ使ってみたい!という方にとっては家電のレンタルはとても良いサービスではないでしょうか。

今回使ってみて不満は全くありませんでしたし、これから更に商品が増えてレンタルできる選択肢が更に増えるといいかな。

ほぼしゅ~
期待してます!



-カメラレンタル

Copyright© ほぼしゅふブログ , 2019 All Rights Reserved.