子育て

「パパと息子の1ケ月のふたり暮らし」は子を持つ親に見て欲しい。

投稿日:

今ちょうど妻の出産で子供の面倒を一人で見ているほぼしゅ~です。

たまたま「パパと息子の1ケ月のふたり暮らし」という通信教育で有名なユーキャンさんが作ったムービーを見まして、ちょうど『パパと息子たちの約10日間のさんにん暮らし』をしている私たちにタイムリーなムービーでしたのでこちらの紹介と感想を書いていこうと思います。

以下動画のネタバレを含みますので先に動画を見ることをオススメします。

パパと息子のおはなし

ママから息子「れん君」を預かるパパ。

朝起きるてすぐギャン泣きのれん君。

朝ごはんをイヤがって食べません。

公園に行っても地面に倒れて駄々をこねます。

晩ご飯も泣いて食べず、寝る時も「ママは~?」と泣いてしまうれん君。。。

 

もうね、最初の1分間で自分の重ね合わせてしまって見ていられませんでしたよ…

普段なかなか息子との時間を取れない中で、いきなりの二人暮らしは想像を絶しますよね。

よくこのお父さんは息子にキレなかったなと褒めたいくらいでしたもの(笑)

お母さんからみるとこの辺はすごく胸が締め付けられる思いになるかも知れませんね。

ママからのノート

息子が寝静まってからママから預かったノートをみるパパ。

それは、ママがれん君の取り扱い方を記したノートでした。

 

『れん君が起きたら、すぐ水を飲ませてあげて』

『公園にはシャボン玉とお着替えを持っていくのを忘れずに!』

『白いご飯を食べない時は、お魚をほぐしてのせてみて』

などのアドバイスが。

このアドバイスを実践していく事でパパとれん君の関係がどんどん良くなっていきます。

息子にも変化が…

ママから『ハンバーグを小さいのを2つ作る』とノートに書かれた通りに実践していたパパ。

最初はそのアドバイスで満足していたれん君でしたが、ついに動きます。

れん君「おおきい~」

パパ「大きいの食べる?」

お父さんのハンバーグを奪い取って美味しく食べるれん君。

わが子が成長した瞬間です。

そしてわが子の成長を嬉しそうにノートに上書きするパパ。

ママからすると久し振りに会った息子が想像以上に成長している姿に涙してしまうかもしれませんね。

パパとしても息子との絆を深めた出来事として胸に刻みこまれるでしょうね。

ほぼ主夫として穿った見方をすると

同じように妻の出産で2人の子供の面倒を見ている立場から見ても、とても勇気づけられる内容でした。

ただ実際はママが居ない事で息子たちも情緒不安定な部分もありますし、物語後半のように全てが万事うまくいかない事の方が多いですね。

うちの場合は兄弟で寂しさを共有できている部分もあるでしょうし、パパと息子2人だけならなおさら寂しいでしょう。

その寂しさを抱えながらも成長していくカタチならより感動出来たかなと思いました。

ほぼ主夫的まとめ

厳しい事も書いてしまいましたが、なかなか育児に参加出来ないパパや今から出産する予定のお子さんがいるママに見てもらいたい動画です。

パパにとっては育児に参加する事の楽しさを、ママにとってはあえて子供から離れる勇気を与えてくれます。

子供の成長を常に見る事が出来る育児はとてもやりがいがありますから、このパパの様に育休を取得して子供と一緒にいる時間を作る事は親子としてとても重要です。

今の時代、男は仕事をしていればそれで良いという訳でもないですし、子育てを通して子供と向き合うと新たな気付きがありますよ。

是非夫婦で動画を見て子育てについて理解を深めるキッカケになって欲しいなと思います。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

良かったら読んでみて

1

こんにちは、ほぼしゅ~(@hoboshu)です。 カメラを購入する時って、欲しいカメラを実際に使っている方のレビューを参 ...

2

こんにちは、ほぼしゅ~(@hoboshu)です。 あなたは撮った写真を印刷してますか? 私は外付けのハードディスクに写真 ...

-子育て

Copyright© ほぼ主夫ブログ , 2017 All Rights Reserved.