カメラ

パパが子供を連れてお店でカメラを物色する時の手順を紹介します

投稿日:

こんにちは、ほぼしゅ~です。

世の中のカメラ好きの子育てパパの皆さん、家電量販店でカメラを物色する時お子さんはどうしていますか?

家やお店の外で妻や誰かが預かっていてくれるなら良いですが、都合が悪かったり子供もカメラに興味を持っちゃったりして子連れでカメラを物色する機会もあるかもしれません。(私だけですか?)

時間が許せばいくらでも触ってシャッターを切って感触を確かめたい所ですが、子供の集中力は長くは持ちません。

そんな時にいかに効率良く欲しいカメラを物色するかをほぼ主夫的に紹介したいと思います。

1、まずはネットで情報収集

まずはネットで良さげなカメラの情報収集をします。

機能やデザインが良さそう、というカメラがあればそのカメラをチェックします。

2、お店でカメラを触る

実際にお店に入ったらすぐに脇目も振らずお目当てのカメラがあれば物色し始めます。

カメラの種類としては出来るだけ大きいカメラから見ていきます。これは後述します。

一眼レフや大きめのミラーレスを実際の触り心地や撮った感触を確認します。

この時に出来るだけカメラの設定をニュートラルに戻しておきます。

個人的にニュートラルな設定とは露出±0、ホワイトバランスをオートに、ISO感度を100や200等一番低い設定に、フィルター効果をオフにする事です。

何故こんな事をするかというと、店頭のカメラって他の人が色んな設定にいじられている事が多いので、そのままだと実際に購入した時に撮れる写真のイメージと違いがでるのと、他のカメラとの比較が出来ないのでまずこの作業をしています。

その状態で動くモノと動かないモノ(もちろん子供でも可)を撮ってみて撮れる写真を確認します。

その後にホワイトバランスやISO感度を変更してみて実際の感触を確かめます。

3、レンズを変えてみる

大きな量販店なら一眼レフやミラーレスの交換レンズも取り揃えているので、気になるレンズに交換してみてカメラとレンズのバランスと撮れた写真を確認します。

単焦点レンズはそれだけでいいですが、ズームレンズの場合大半が鏡筒が飛び出るタイプなので実際に一番鏡筒が飛び出る状態でカメラが持ちづらくないかも確認する事をオススメします。

4、パンフレットを持って帰る

展示してあるカメラなら近くに同じ機種のパンフレットが置いてありますので、持って帰ります。自分の知らない情報等が無いか家でチェックする為です(スマホやPCでは目が疲れる&情報に限界があるので)

もちろん家で色々カメラの事を妄想する為でもあります(笑)

5、小さいカメラを物色する

ここでやっと小さいカメラを物色していきます。

カメラをいじっていると時間を忘れますが、こどもの集中力は長く続きません。

一眼レフやミラーレスを子供に触らせるには大きすぎて落としてしまう危険もあるので子供が小さい程触らせるには抵抗があります。

ただ、小さいカメラやコンデジでしたら子供が持っても軽いので落とす危険も少なく、シャッターも押しやすいので子供に試写させる事も出来ますし、一緒に写真を撮り合ったりする事もできるので飽き始めてきた子供に楽しんで貰います。

6、家に帰ってパンフレットと出来れば取扱説明書を読む

貰ってきたパンフレットと、発売後ですとメーカーのサイトで取扱説明書を閲覧できるのでダウンロードします。

細かい設定や設定の内容は説明書を見ないと分からない事が多いので良く読んでおき、次回カメラを物色しにいく時までに分かる様にしておくと実際に行った時の時間を短縮できます。

店員に聞けば?と言うのはもっともなんですが、まだ買う気ゼロの状態でわざわざ聞くのが気が引けるという部分と、意外と店員さんでも細かい設定までは理解できていないんですよね(大手のカメラ屋の店員さんは除く)

子連れでカメラを触る時の注意点

小さいカメラでも落とす可能性はあるので子供に細心の注意を払いましょう。

また、指でレンズに触ったりカメラをぶつけたりしないように先に話しておいた方がいいですね。

店員さんに話掛けられたら…

店員さんも仕事なので一度は話掛けてきますが、店員さんも雰囲気で今買う気があるかどうか察してくれるのでそれ以上は何も言ってきません(店員さんスイマセン…)

その代わり、時間がある時は使ったカメラを次使う人が撮りやすい様に設定をニュートラルに戻しています。

ほぼ主夫まとめ

子どもを連れてカメラを物色をするのは正直ハードルが高いですが、出来るだけ連れている子どもに負担の出ない様にスピーディに行なっていきましょう。

どうしても集中力が続かない様なら一度カメラ売り場から離れて他の売り場に行って気分転換をして貰って、またカメラを見る気になってくれたら連れて行くといいと思いますよ。

本当は心行くまでカメラを触っていたいほぼしゅ~からお届けしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

良かったら読んでみて

1

こんにちは、ほぼしゅ~(@hoboshu)です。 カメラを購入する時って、欲しいカメラを実際に使っている方のレビューを参 ...

2

こんにちは、ほぼしゅ~(@hoboshu)です。 あなたは撮った写真を印刷してますか? 私は外付けのハードディスクに写真 ...

-カメラ
-,

Copyright© ほぼ主夫ブログ , 2017 All Rights Reserved.